スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の国内旅行、ガソリン代の高騰、物価高の節約ムードの中、影響少なく堅調に推移

国内旅行ガソリン代高騰物価高節約ムードの中、影響少なく堅調推移




ガソリン代高騰物価高による節約ムードの高まり、そして北京五輪。
国内旅行にとって逆風となりかねない状況が相次いだ今年の
それでもJRや航空利用は堅調推移し、思った以上に落ち込みは少なかったようだ。
旅行会社や温泉地・観光地も、地震の風評の影響を受ける東北を別にすると、
比較的堅調だったとの感触を得ているようだ。このの手ごたえまとめた。

「7月に入り、間際申し込みが増加した」とJTB。
ガソリン高の影響もあり、電車を使った商品が好調に推移し、
特に「伊豆・箱根、軽井沢、日光・鬼怒川、那須など近場のエリアに人気が出た」としている。

「メイトの契約高(人員ベース、前年比)は7月99%、8月93%、9月94%」とKNT。
やや苦戦しているが、沖縄は7〜9月で120%となり、
「気ままにリゾート沖縄」商品は130%の扱いを記録した。
東北の三大祭りは70%にとどまったが、10〜12月の出足は好調で
「回復傾向にある」と手ごたえを感じている。

日本旅行の7〜9月の販売額(赤い風船)は北海道、東北、九州方面が伸び悩んだが、
トータルでは104.9%に。
首都圏はTDR商品などが伸び120.7%、中四国は山口DCなどJRキャンペーンとの連動商品が好調で
118.3%、沖縄はグアムやハワイ方面からのファミリー層のシフトもあり10.3%増となった。

「12日現在の実績は人数ベースで前年比95%」というのは阪急交通社。
関東(130%)、中部(105%)方面が伸びたものの、地震の影響もよる東北方面の
落ち込み(70%)などが響いた。
商品では、「新幹線で行く日帰りミステリーツアー」が売れたという。

クラブツーリズムの販売額は前年比105%。
「北陸、山陰山陽、九州方面が好調で、北陸は昨年の地震の反動が出た。
総じて“西高東低”といえる」。
売れ筋の1つは「大人の社会科見学ツアー」で、ファミリー層の利用も多かったという。
日帰りバスツアーも好調で、ガソリン高に嫌気をさしたマイカー利用者が流れたと見られる。

JALツアーズの7月の集客は24万6千人。
8月は25万5千人で、それぞれ前年比115%、103%と好調。
関東、中部、北陸、中国、九州、沖縄方面が伸びた。
「7〜9月は人数で前年比104%、販売額で103%」とANAセールス。
沖縄は人数、額とも2ケタの伸び。売れ筋はスカイホリデーの「バケ」で、
北海道は131%、九州が105%、沖縄は122%だった。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


海外旅行フェア 札幌駅前で航空・旅行企業11社が出展| スポンサードリンク国内・海外旅行人気スポットなど旅行情報 | 「安近短」な熱海が復活!!さびれた温泉街イメージを払拭
FXブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。