スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行・宿泊の電子商取引増とインターネット型旅行会社の実際

旅行・宿泊の電子商取引増とインターネット型旅行会社の実際




次世代電子商取引推進協議会(ECOM)と経済産業省とが発表した、
「2007年度電子商取引に関する市場調査」によると、
日本における旅行・旅行業の消費者向け電子商取引(BtoC)の市場規模は
前年比28.1%増の6510億円であった。
これはBtoC全市場の5兆3440億円(前年比21.7%増)の12.2%を占める。
また、航空チケットを含む運輸業は12.3%増の2370億円。
インターネット利用者が2007年にインターネットショッピングで購入した商品・サービス別では、
パッケージツアー申込やホテル予約を含む旅行サービスは30.9%で全体の7位、
交通チケットを含む各種チケットは9位の28%であった。

また、旅行サービスの購入回数では、「以前も購入したことがあり、購入回数は増えた」が26.2%、
「以前は購入したことがなかったが、購入するようになった」が12.8%で、
「増えた」あるは「購入するようになった」人の合計が「減った」の7.5%よりも31.5%多い。
また、支出額でも「増えた」が34.6%、「減った」が9.8%で差分は24.8%であり、
インターネットでの旅行商品の購入は、確実に市場に浸透しているといえるだろう。

一方、企業間電子商取引(BtoB)市場では、
全市場が9.3%増の161兆6510億円と大きく伸びているのに対し、
旅行業・宿泊を含む「その他サービス業」は5.2%増の1620億円であった。

次にインターネット型旅行会社の実際について見ていってみよう。
ジェイティービーの2007年度の決算によると、インターネット販売の取扱額は前年比22.2%増。
このうち、宿泊が27.5%増、航空券は日本発着のみで21.2%増という。
インターネットに特化した旅行会社の取扱額は、今年に入っても伸びており、
例えば、楽天の08年中間期(1月~6月)の決算では、
トラベル事業は予約流通総額が21.5%増の1248億円、売上高は26.3%増の72億5100万円、
一休の2008年度第1四半期(4月~6月)の営業収益は11.2%増の5億9800万円。
また、i.JTBの上半期の取扱額は前年比15.4%増の349億2405万1000円、
海外旅行に限ると46.9%増の33兆2399万円と大幅に前年を上回った。
i.JTBは各種機能提供を含めた展開、楽天は宿泊以外の足回りを含めた総合化への動き、
一休はヤフートラベルとの連携やインバウンドへの対応など、
積極的に事業領域を広げていることも、取扱額が拡大した結果といえるだろう。

以上、旅行・宿泊の電子商取引増とインターネット型旅行会社の実際
について書いてみたがあなたはこの件に対してどのように思うだろうか?
時代の流れと言う事もあるだろうが、各旅行会社の営業努力も見逃せないと思う。
それとネットへの恐怖心が随分拭われたのであろう。
安心してネットサービスを受けられるようになって、旅行・宿泊の電子商取引が出来れば
便利である。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


海外長期旅行の準備する荷物・必須アイテムとは!?| スポンサードリンク国内・海外旅行人気スポットなど旅行情報 | 海外旅行持ち物準備リスト「貴重品類は控えやコピーを別に持ちましょう!」
FXブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。