スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての海外旅行準備についてアドバイスします!

初めて海外旅行準備についてアドバイスします!




初めて海外旅行準備についてアドバイスについて調べてみました。
何事もそうですが、初めてというものには不安が生じるものです。
海外旅行でもそれは当てはまるでしょう。
初めて海外旅行なので準備とかについてアドバイスしてもらえないだろうか…」
そう思う人ってきっといるはず!
そこで今回は、初めて海外旅行準備についてアドバイスする事について見ていきましょう。


海外旅行では絶対に抑えておきたい注意事項が幾つかあります。
始めてては気が動転していたりして忘れる事もあるのでここでしっかりチェックしていってください。

① クレジットカードは2枚以上持っていこう!

「海外旅行に行くときクレジットカードは必需品!!」
クレジットカードを持っていたら盗まれたときに何十万と引き出されるんじゃないのか?
と不安になっている方もいますが、いまではどんなクレジットカードでも盗難保険が付いている
ので多額の現金を持っていくよりははるかに安全です。

② 海外旅行中の事故やケガの対応

海外旅行保険は万能ではない!
「海外旅行中の保険に入っているから大丈夫だよ」海外旅行保険に入っていることで、
もしくは保険がついているクレジットカードを持っていることで安心しきっている方も多いですが、
決して「万能」では無いということを知っておいて下さい。


③ スリ、置き引きに注意

人気ドラマやマンガのキャラクターが海外旅行に行くと、スリや置き引きにあって、
ピンチになるというのをよく見ます。
しかし、旅行時のスリや置き引きは決してマンガの世界だけではありません。


④ 食あたり、食中毒

海外旅行に行くうえで、時差ぼけと同じぐらい体調を崩すキッカケとなりやすいのが
「食あたり」「食中毒」などですね。
日本のように水道の水が飲める国なんてほとんどありません。
逆に言えば、汚れている水に対して、もっとも抵抗力が無い人種だいえるので、
生水を飲むのは絶対にヤメておきましょう。


⑤ 予防接種をしよう

海外旅行先によっては、予防接種を受けてからじゃないと入国できない国もあります。
代表的なモノとして「黄熱」に対して予防接種が必要な国は、
「黄熱病予防接種証明書=イエローカード」と呼ばれるモノが必要となります。
必要どころか、提示しないと入国できないと言った場合も生じるので注意が必要です。


以上、初めての海外旅行準備についてアドバイスということで、
初めて海外旅行に行く予定の方を対象に、旅行前の準備を中心に、
自分の経験などをもとにしたアドバイスを思いつくまま書いてみましたが、
役にたてたでしょうか?
持って行くべき必需品、お土産の選び方、海外旅行保険の見極めなど、
少しでも、あなたの準備に役立てれば幸いに思います。
このサイト以外にも初めての海外旅行準備についてアドバイスしているところもあると思いますので
幾つか海外旅行準備に関するところも見ておくと万全と思います。


スポンサーサイト

海外長期旅行の準備する荷物・必須アイテムとは!?

海外長期旅行準備する荷物必須アイテムとは!?




3,4日で帰ってくる海外旅行ならば生活用品はあまり重要視されないでしょうが、
長期期間海外に滞在となると、必要になってくるものがあります。
そういった必須アイテムを持っていかない為に、苦労したり、高いお金がかかったり…
そんな状況にならないよう、ここで見ていきましょう!
そんな訳で今回は、海外長期旅行準備する荷物必須アイテムについて書いてみます。

今やたいていのグッズは、現地調達が可能になってますから、
現地のスーパーで買うことを考えて持ち物も少なくするためにもいでしょう。
でも、海外で買いたくても自分にあわないもの、そもそも売りものにない場合もあるということで、
ぜひ日本から持っていってほしいアイテム、つまり必須アイテムを紹介します。


「耳かき」
使いたくて使えないときに、ムズムズとせつないもどかしさを感じさせるアイテムです。
日本では100円ショップでも売られている、この日本人のキュートで小さい耳の穴のサイズにあう
耳かきは、あなたの旅先では、まず売られていません。

「スーパーの袋」
向こうのスーパーの袋は、サイズだけはやたらドンとでかいクセに、
薄くてやぶれそうなものが多いです。
場所によっては、有料でしか手に入らないケースすらあるんです。
それに比べて、日本のスーパーの、小から大まで様々なサイズのビニール袋は、
下着入れやちょっとした出先での小物などを入れるのに、なんと重宝することか。
かさばるものでもないので、大・中・小のサイズ別に、何枚かまるめて持っていくと、
これが意外に旅先で役に立つんです。

「歯ブラシ」
向こうの歯ブラシ、「やわらかめ」「ふつう」「かため」などと、日本ほど細かくわかれてません。
デカくてゴワゴワだったりしたら、朝が憂鬱です。

「常備薬」
薬を買うときだって、CAUTION(注意事項)で自分にまずいケースがあったらと思うと、
よっぽど英語や現地語が達者じゃないと、ちょっとコワくて飲めないですよね。
一瓶単位でしか売ってなくて、しかも量がたくさん入っていたりします。、

あと、向こうの薬、サイズがでかくて飲みにくいのも多いんですよね。
ドロップに近いサイズのデカさの錠剤を、一日に三回も飲むのは…
という人は、日本で必要な薬は、きちんと調達していきましょうね…。

「化粧品」
特に欧米圏、アジアでは都市圏以外の地域を旅行する場合などは、
現地の化粧品がアナタのデリケートできめの細かいお肌に合うかどうか、正直わかりません!
成分表示だって、現地語で書かれていたら、フツーは読めないですからね…。


以上、海外長期旅行準備する荷物必須アイテムという話題について調べた事を書いてみました。
いかがだったでしょうか?
アナタにとって長期海外旅行についての情報が役に立ったでしょうか?
意外と忘れがちな生活用品について書いてみたのですが、やっぱりここにあげたものなどは
もっていった方が何かといいものばかりです。
「耳かき」「スーパーの袋」「歯ブラシ」「常備薬」「化粧品」を持っていくことを、
素直にオススメしたいと思います!
このサイト以外にも、海外長期旅行の準備する荷物必須アイテムについて書かれているところ
があるかと思いますので、そちらでも調べてみると荷物に関しては確実かと思います。


海外旅行持ち物準備リスト「貴重品類は控えやコピーを別に持ちましょう!」

海外旅行持ち物準備リスト貴重品類控えコピーを別に持ちましょう!」




海外旅行持ち物準備リスト、特に貴重品類について調べてみました。
基本的に海外旅行に行く時は貴重品類控えコピーを別に持った方がいいです。
貴重品袋、100円ショップに売ってるもので十分なので、
首から下げるタイプとか腰に巻くタイプなどを持参するようにしよう。
今回は、海外旅行持ち物準備リスト貴重品類について見ていきましょう。

旅行準備段階での注意点は旅行に行く前に、荷物をもう一度確認することです。
でも、”こんなのがあったら便利かも…”という思いで準備しても、
結局、重い荷物になってしまうだけのことも多いです。
ポイントは、荷物は削れるだけ削るのが疲れない旅行になることを忘れずに!

それでは、海外旅行に持っていく持ち物の貴重品の準備リストを見てみよう。
 
① パスポート
  
海外行くなら最初に袋に入れよう。
コピーを日本にいるうちに取っておいて、鞄のほかのところに入れておくのが安全策。

② クレジットカード

これがあると、とても便利。
5ドルくらいから使ってもイヤな顔をされない。
番号は控えて保管。

③ 航空券

案外大きいので、あとで入れようとして忘れないように。
折ってもかまわないよ。
これも帰りの分はコピーして保管しておこう。

④ 現地通貨

銀行であらかじめいくらか用意しておくべきです。
為替レートのおいしいときを見計らって!!!

⑤ トラベラーズチェック

流通範囲はかなり広く、多く持っていっていいでしょう。
番号をあらかじめ書き写して別の場所に保管。

⑥ 日本円

気持ちは海外でもまだあなたは日本を移動しなくちゃならないと思います。
それに十分帰ってこれるだけは持っていきましょう。

⑥ 自宅の鍵

自分ちに鍵をかけていきましょう。
特にオートロックなどの家などで鍵を忘れて出かける人がいます。

⑦ ホテル券

忘れたら、それだけでホテルに入るのに一苦労…。


以上、海外旅行持ち物準備リスト、基本的に貴重品類控えコピーを別に持つ
という事について書いてみたが、いかがだったろうか?
細かく言うと、切符、パス、その他の予約番号なども忘れないようにしたい。
これも忘れていったら楽しみ半減になるだろうし、料金も倍増、ストレス倍増になるだろうから…
それと、海外旅行に行く際は、基本的に盗難も多い。
宿泊する場合は、盗まれる事が多いので、
貴重品(特にパスポート)は夜も首から袋ごと下げて寝るなど貴方なりの対策を講じてみるべき。
これらのことを実施してみて楽しい思い出が残る海外旅行にしてみたい。

パスポートの住所変更の手続きの方法

パスポート住所変更手続き方法




パスポート取得に必要な書類としては、
一般旅券発給申請書、戸籍謄(抄)本、住民票 、写真、 郵便はがき 、運転免許証
などが必要でした。
男性はそれほど住所が変更になったりしないですが、
女性は結婚してが変わったり、住所が変わったりするものです。
そのような場合、パスポート変更申請の手続きはどのようにしたらいいのでしょうか?
今回は、パスポート住所変更手続き方法について見ていきましょう。

パスポート変更申請が必要なケースは次のような場合です。

1.婚姻や養子縁組等により、戸籍上変更した場合  
2. 家庭裁判所の許可を得て、戸籍上又はを変更した場合 
3. 国際結婚により配偶者のを別として追記する場合
4.本籍の都道府県が変わった場合です。

次の場合は訂正手続の対象になりませんので留意してください。

(1)同じ都道府県内で転籍した場合(パスポートの記載に変更がないため。)
(2)住所を変更した場合(住所はパスポートの記載事項でないため。)

次に変更・訂正方法は2通りあります。

1.パスポートを新しく作りなおす方法
2.現在お持ちのパスポートの記載事項を訂正する方法です。

訂正するために必要な書類は、

1. 一般旅券訂正申請書…1通(申請書は旅券課窓口にあります。)
2. 戸籍抄本または戸籍謄本…1通
3. 現住所が確認できるもの…1点
4. 現在お持ちのパスポート 
5. その他 国際結婚により配偶者のを別として追記する場合には、綴りの確認のため、
配偶者のパスポート又は外国政府発行の婚姻証明書等が必要になります。

バスポートの変更手数料は900円です。
婚姻届を出してから戸籍が訂正されるまでは約2週間程度かかってしまいます。
婚姻届を結婚式の前後に提出して、すぐに新婚旅行に行かれる場合は、
のパスポートでも問題ありません。

パスポートの住所変更手続き方法について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
そんなに何回も変更にはならないですが、結婚した後にパスポートの住所変更手続き
必要になると思います。
結婚後に海外旅行に行くこともあるでしょうから、速やかに手続きをしておきたいものですよね。


パスポートの更新手続きに必要な書類とは?

パスポート更新手続き必要書類とは?




海外旅行というと必要になるのがパスポートです。
パスポートにも有効期限があって、有効期限が切れる前に更新する必要があります。
今回、初めてパスポートを更新する方にとってはタイムリーな情報になると思いますので、
、じっくり見ていっていただければと思います。

それでは、
パスポート更新手続きについて説明します。
現在お持ちのパスポートの有効期間が残り少なくなると、
事前に手続きすることによって、パスポートの更新ができます。
パスポート更新手続きは、残りの有効期間が1年未満になると可能です。
指定の必要書類を用意して申請窓口に提出します。
(パスポートの更新は、正式には切替発給といいます。)
日本国内で行なう、手続きについて説明します。

①まず、指定された必要書類を用意します。
1.一般旅券発給申請書 1通 2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
(ただし、パスポートの記載事項に変更があるときや、
サインを漢字で登録したいときは必要です。)
3.住民票の写し 1通 4.身分証明書 1通
(パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、
そのパスポートがあればよく、他の身分証明書は不要。)
5.写真 1枚 6.官製ハガキ 1枚 7.印鑑8.所有しているパスポート 

②必要書類が用意できたら次に、前回パスポートを取得したときから、
住所が変わっていない方は前回パスポートを申請した窓口へ、書類を提出します。
前回パスポートを取得したときから、住所が変わった方は住民登録をしている都道府県の申請窓口へ、書類を提出します。

③更新された新しいパスポートができると、ハガキで連絡がありますので、窓口に出向いてパスポートを受け取ります。

こんな流れが、パスポート更新手続き必要書類です。

必要書類をしっかりと用意していって、更新窓口にいってから、
書類が足りない、
不備でもう一度で直すと言ったいわゆる二度手間にならないよう、
確認して手続きを行いたいものです。

以上、パスポート更新手続き必要書類
について調べた事を書いてみましたが、いかがだったでしょうか?
海外旅行が趣味の方にとってパスポートは大切なものになります。
更新手続きに慣れても紛失しないように注意することも大切です。
次回も海外旅行の準備であるパスポートについて注意しなければいけないことについて
書いていく予定ですので、またみていただけたらと思います。



| スポンサードリンク国内・海外旅行人気スポットなど旅行情報 |
FXブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。