スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始旅行・北海道札幌市で宿泊できるホテル

年末年始旅行・北海道札幌市で宿泊できるホテル






札幌エクセルホテル東急

市営地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩3分
日本有数の繁華街すすきのと、ゆったりした時間が流れる中島公園が、どちらも徒歩圏内。
シンプルでモダンなインテリアの室内は、高級感あふれる落ち着いた空間。
<札幌エクセルホテル東急>で、ご滞在期間をお楽しみ下さい。


新着!宿泊プラン >>プラン一覧はこちら


空室状況で料金が変わります。直前がお得。
 ◆お日にち限定、早速チェック!! 
 ◇朝食付はこちら◇ 

札幌出張を応援します♪ 個性派ビジネスプラン!荷物を減らしたい方に。
◆手ぶらで出張?! 手ぶら族~出張王~ 男性限定! 喫煙ルーム  禁煙ルーム ●朝食付
◆女性のご出張はこちら! レディスプラン【美しき出張女王】★女性限定★
◆清潔&爽快【札幌エクセルホテル東急新定番】Yシャツorブラウス一枚クリーニング付 
喫煙ルーム 禁煙ルーム ●朝食付


札幌エクセルホテル東急からのおしらせ

当ホテルより毎日運行「富良野&旭山動物園」日帰りバスツアーはこちら!

宿泊券プレゼント企画は毎月開催! プレゼント応募はこちら!
お得な情報満載!メールマガジン会員募集中 ご登録はこちら!


レディースツイン(30.8平米)
いずれのお部屋も、ゆとりのスペースと落ち着いた色調のインテリアに爽やかな気品が漂い、
深い寛ぎをご提供いたします。
また、室内にはライティングデスクを装備し、全室にモジュラージャックを設置するなど、
ビジネスでのご宿泊にも、快適な機能的空間となっております。

全18フロア、388室の客室からは、禁煙ルーム・レディースルーム・コンフォートルーム
(電動マッサージチェア有)等、ご宿泊のニーズに合わせたお部屋をお選びいただけます。


[室内のご案内]

全客室備品
テレビ(一般チャンネル、有料ビデオチャンネル)/衛星放送/電話/冷蔵庫/ドライヤー/
ズボンプレッサー/ウォシュレット

アメニティグッズ
スリッパ/タオル/ナイトウェア/シャンプー/リンス/ボディソープ/歯磨きセット/ひげそり/お茶セット

レディスルームのアメニティ
上記客室備品・アメニティグッズの他に以下をご用意デュベスタイルの寝具/オルゴール付き
アクセサリー入れ/レディス用ナイトシャツ/メーク落とし・化粧水・乳液/ブラシ/ボディタオル/
紅茶・ハーブティ

その他
禁煙ルーム 36室(予約時指定可)/レディスルーム 11室(予約時指定可)


[インターネット]

客室 全室:インターネット接続用LANポート設置 最大100Mbps(VPN対応)



札幌エクセルホテル東急

年末年始旅行・北海道札幌市で宿泊できるホテルをお探しの方は、
札幌エクセルホテル東急でゆったりと宿泊!

スポンサーサイト

「安近短」な熱海が復活!!さびれた温泉街イメージを払拭

安近短」な熱海復活!!さびれた温泉街イメージを払拭




安近短」な熱海復活!!さびれた温泉街イメージを払拭という話題について調べてみました。
ガソリン高騰の影響もあって海外旅行などの遠くへ旅行する方々が減った。
そこで注目されているのが、さびれた温泉街というイメージが定着していた熱海復活しつつある。
ガソリン高騰の影響もあって、東京から新幹線で1時間弱で行ける熱海は「安近短」なスポットとして
再び注目を集め、宿泊客も増えつつある。
今回は「安近短」な熱海復活!!さびれた温泉街イメージを払拭という話について見ていきましょう。


大手旅行会社JTBによると、08年の夏休み(7月15日~8月31日)に海外旅行をした人は
前年に比べて17万人減の225万人、国内旅行は70万人減の7350万人でいずれも落ち込んでいる。
原油高の影響でマイカーのガソリン代や飛行機の燃油代といった交通費が全体的に上がり、
遠出する人が減っているためだ。
そんななか、近場の観光地に注目が高まっている。
温泉で有名な熱海(静岡県熱海市)では、7月の宿泊客が前年同月と比べて2割近くも増えた。


「関東から近くに位置する熱海は、短時間で行け、海外旅行に比べると安く行けるという
安近短』が魅力なのでしょう。この夏は、家族連れの需要が伸びています」


子供に人気の高い海水浴場を整備し、旅館やホテルでも「食べ放題」を導入するなど、
あの手この手でファミリーを取り込む策を行っている。
熱海はちょっと前まで、そんな努力をしなくても客が訪れる人気観光スポットだった。
戦後間もなく新婚旅行の行き先として人気が出て、バブル期以降は社員旅行や慰安旅行での
団体利用が増えた。
ところが、新しい温泉スポットが台頭して影が薄くなり、10年ほど前から客離れが深刻になり、
旅館やホテルが閉鎖されるたびに、「廃れた」という印象が色濃くなった。

「大型旅館が1軒潰れれば、観光客は年間で数万~10万人が減ってしまいます。
それでもバブル崩壊後はなんとか持ちこたえたが、10年前からは減る一方です」
と話すのは、熱海温泉ホテル旅館協同組合の土屋基専務理事だ。

危機的状況に直面して、最近ではファミリー客取り込みのほかにも、いろいろ集客策を打ち出している。
温泉や海水浴のイメージが強い同市だが、実は文化人にゆかりのある地だとはあまり知られていない。
そこをアピールしようという、こんなユニークな試みを数年前から行っている。
例えば、熱海にも家を持つ作家・森村誠一さんが特別に書き下ろした小説を、
市内に宿泊した人だけに毎年秋に配布している。
本格的なサスペンスで、それを目当てに訪れる人もいるという。新しいイベントも増やしていく。
これまで秋の定番イベントがなかったが、この9月からは新たに、釣り大会「フィッシングカーニバル」を行う。
今、熱海が再び注目されている。


以上、「安近短」な熱海が復活!!さびれた温泉街イメージを払拭について書いてみましたが、
いかがでしたか?貴方に役に立つ情報になり得たでしょうか?
海外旅行でなくとも国内にもまだまだ楽しめるところがある。
熱海が再び注目されるのにはそれなりの理由があったのだろう。
安近短というキーワードも相まってさびれた温泉街のイメージが無くなってきたようだ。
「一昔前は新婚旅行といえば熱海」…私の両親がよく話していた事を思い出す。
安近短な熱海で新婚旅行を楽しんで、さびれた温泉街でなくさせれば面白いのではないだろうか?



| スポンサードリンク国内・海外旅行人気スポットなど旅行情報 |
FXブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。